黒い羽織とは?黒羽織のコーディネート方法などをご紹介

黒の羽織

最近では洋服にも取り入れられ人気を集めている黒い羽織。黒い羽織に関して知りたい方は、黒い羽織ってどんな時に着るものなのか、どんなコーデに合わせられるのか、そういった疑問も持っているかと思います。そこで今回は、そんな疑問を解決すべく、黒い羽織の基本的な情報からコーディネートの仕方、着るタイミングまで黒い羽織のあれこれを紹介します。

羽織
和装コート特集_BUYSELLONLINE

特集ページへは、画像をクリック↑

羽織とは

羽織とは寒さをしのぐため、かしこまった席で着用するために、室町時代より男性が着物の上から着用するようになったものです。男性が着るものとしてうまれましたが江戸時代頃からは女性も着用するようになり、現在ではおしゃれ感覚でも楽しまれるようになっています。

羽織の種類は大きくざっくり紋付羽織、中羽織、茶羽織に分けることができます。紋付羽織はフォーマルな場面、中羽織はカジュアルなパーティーやお食事などの場面、茶羽織はさらにラフなお散歩や室内での防寒用というように使い分けることができ、あらゆる場面で羽織は活躍しているのです。

羽織を着る季節

10月の秋口から4月の春先までの、着物だけでは肌寒い時期に羽織を着用します。このとき着用するのは裏地のある羽織なのですが、暖かい時期には裏地のない羽織を着用することもあります。基本的には防寒着としての役割で寒い時期に着るものとされていましたが、おしゃれ着としての感覚も強まっており、1年中着られるように仕立てや生地を工夫した羽織もよく取り入れられるようになっています。

仕立ての種類は袷仕立てと単衣仕立てというものがあり、単衣仕立てのものであれば暖かい時期でも羽織っておしゃれを楽しめるのです。裏地のない多少透け感のある羽織なので着ていても涼しく過ごせます。さらに真夏になれば薄い夏生地の羽織で通気性を確保しつつ、透け感で涼しさを演出しつつ、オシャレに和服を楽しむことができるのです。

黒羽織の代表例

黒羽織とは

略礼装として訪問着が一般庶民に広まったのが昭和の時代です。しかし訪問着は子供の卒業式、入学式などの場でしか着る機会のないもの。わざわざ訪問着を手に入れなくても普段着をどうにか格上げして活用できないかと当時の人々は考えたのです。その時に普段着の上に着用することで略礼装として扱えるようにと取り入れられたのが一つ紋の黒羽織でした。紋を入れることで格上げし普段着をそのまま着られるので、一般庶民にかなり広がりました。

黒羽織を着るルールは?

黒羽織の始まりは一つ紋を入れることで格上げし、普段着でも略礼装として着られるようにという流れからでしたが、黒羽織自体にはそういった格があるわけではありません。黒羽織は礼装などに用いるイメージがある方もいらっしゃるかと思いますが、そういった堅苦しい決まりはないのでさらっと羽織るカーディガンのような位置付けで考えて構いません。紋が入っていない黒羽織は気軽に普段着にも自由に合わせられます。

一つ紋の黒羽織

黒羽織の一つ紋とは?

戦後の時代、普段着といっしょに着用しても略礼装として着られるように背中に一つ紋を入れたものが黒紋付と呼ばれる黒羽織です。黒羽織は紋が付いていなければ自由に着て構わないものですが、紋が入っていると格が上がるので略礼装として扱います。その場合は普段着にはおすすめできません。堅いルールなどはありませんが、そのあたりだけ押さえておけば場面にあった着用ができるでしょう。黒羽織は基本的には自由にあらゆる場面で着られるので重宝するかと思います。

黒羽織の着方

黒羽織の着方

黒羽織を着る際には、知っておかないと恥ずかしいルールや、知っておくときれいにまとめられるというポイントがあります。羽織るときの衿の形には注意して、羽織紐の位置も気にかけられると黒羽織の着方としては問題ないでしょう。この2つのポイントについて詳しく紹介します。

羽織を羽織るときの衿の形

男性は羽織を着用する時、衿を立ててそのまま着用しても構わないとされていますが、女性の場合は違います。羽織を着用する時には下に着ている着物の衿元に添わせるようにして、衿を外側に折り曲げて着用するのが女性の着方のルールです。女性の羽織には衿を折り曲げやすいように衿の半分あたりに千鳥ぐけと呼ばれるジグザグ縫いがなされています。衿を折らないまま着用してしまうと千鳥ぐけが見えてしまい恥ずかしいので、羽織を着用する時は衿を折り曲げるということをしっかり覚えておいてください。

羽織紐の位置

着物を着て羽織を羽織ってばっちり決めたいとき、きれいに見せるためのポイントがあります。それは羽織紐の位置です。着物の上から羽織を着用した時に羽織紐は、着物の帯の上線からちょうど真ん中あたりまでの間に来るのがいいと言われています。きちんと感を出したりこなれた感じにするにはこのポイントも押さえてバランスを見ながら着用するといいでしょう。ちょっとしたポイントですがきれいに着こなしているように見せられる大事なポイントなのでぜひ心がけてみてください。

ワンピースに黒羽織をコーディネート

黒羽織のコーディネート

近年、黒羽織は和服の場面だけでなくさまざまな着こなし方で多くの年代に親しまれています。若者にも親しまれるようになったコーディネートの例をご紹介いたします。

黒羽織は古着で大人気

黒羽織はおしゃれな古着好きの間で熱い人気を集めています。羽織を合わせるのはもはや和服だけではないのです。洋服と合わせることで個性的でおしゃれな、周りとは一味違うコーディネートを楽しむことができます。男性も女性も共通してコーデに取り入れやすいポイントは、足元はブーツでもサンダルでもスニーカーでも何を履いても意外と合わせられるという点。他にもオシャレの小物として帽子はハットやキャスケット、ベレー帽など、合わせられる幅がすごいのでぜひ黒羽織を取り入れておしゃれを楽しんでもらいたいです。

男性は黒羽織をかっこよくオールブラックコーデのポイントとして取り入れるとシルエットに差がつくのでオススメです。オールブラックは少しハードルが高いなという人は羽織の下のトップスだけ色を変えるとコーデが締まりますし挑戦しやすくなります。このとき合わせるのは大きめにも見える余裕のあるボトムスがおすすめです。

黒羽織の洋服レディースコーデ

女性だからこそできるワンピースと合わせるというコーディネートがあります。オシャレな雰囲気の中にゆるゆるっとしたかわいらしさが出ます。羽織紐をしめて羽織自体をワンピースのように着こなしたり、長い羽織に短いボトムスを合わせる着こなしもおしゃれの中に女性らしさもありおすすめです。

黒羽織のリメイク

黒羽織のリメイク方法

黒羽織は昭和の時代に広まったものなので当時は着られていたけど、現在は着用されずに家にあって勿体無く感じているという方もいらっしゃるかと思います。黒羽織はリメイクすることで全く新しいものに変えることができます。また着用するものとして羽織ではない別の姿に変わったり、小物として姿を変えたりしてまた使えるようになるとうれしいものです。そこでどんなものに変えることができるのか、一例をご紹介します。

黒羽織からケリータイプバッグ

柄のついているものは柄をどこに来るように配置するかなど、念入りに確認してから作成してもらえます。金具や革のパーツを取り付けて完成したバッグは黒羽織だったものとは思えません。全く姿を変えましたが思い入れのある黒羽織がリメイクされてまた使えるような姿になるとは感慨深いです。

黒羽織からハーフコートに

そのままの形に近い形でハーフコートにリメイクできます。衿部分と袖部分をほどいて縫い直すだけの簡単リメイクです。黒羽織としては着用する機会のなくなってしまったものもリメイクすれば違う形でまた着用できるようになるのです。洋服に合わせてまた着ることができるなんてうれしいことですね。

黒羽織からギャザーワンピースに

黒羽織はリメイクで裾がふわっと広がるギャザーワンピースにも姿を変えます。かっこいい印象だった黒羽織とは打って変わって、女性らしいラインのかわいいワンピースになります。ここまで姿を変えて新しい用途で使えるならば、眠らせているのはもったいないですね。

黒羽織は古着として人気が高まってい

黒羽織は昭和の時代から親しまれてきたもので、一紋付きのものは普段着の上に着用しても略礼装になる格の高いものとして使用されてきました。
紋の付いていない無地の黒羽織は普段使いに取り入れられており、近年では古着界隈でも人気が高まる雰囲気があります。
男女問わず、若い人の間で人気を集めており、洋服に合わせて着ることが流行している黒羽織、ぜひチェックしてみてください。

SNSでもご購読できます。