結婚式に着物を着て出席しよう!着物の種類や選び方・小物などを紹介

結婚式に最適な帯を着けている女性

おめでたい席の一つである結婚式。ドレスで出かける方も多いと思いますが、近年着物を通販などで手軽に買えるようになったことから、着物を着て出席する方も増えています。結婚式で着物を着て行くといつもと違う気分でおしゃれを楽しむことができますが、着物の選び方やマナーなどが分からなくて挑戦しづらいと感じていませんか?

今回は、結婚式で着物を着て行きたい方のために着物の種類や選ぶポイントはもちろんのこと、着物に合わせるアクセサリーや小物選びのポイントも紹介しています。記事を読みながら結婚式で着ていくべき着物を見つけてみてくださいね♪

目次

結婚式で着る着物選びで気をつけたいポイントは?

親族や友人の結婚式に着物を着て出席するときも、ドレスを着て出席するときと同様、TPOに適したものを選んで着る必要があります。まずは、結婚式で着る着物を選ぶときにどのような点に気をつければ良いかを紹介します。

▼結婚式で着ていける着物をチェックして選ぼう

着物は色留袖や訪問着など様々な種類があり、行き先によって着る着物を変える必要があります。結婚式で着て行くのに適した着物もあれば、不向きな着物もあるので、しっかりチェックして選びましょう。

▼色や柄は花嫁衣裳と被らないものを選ぼう

ドレスを着て結婚式に出席するときに花嫁衣装と被りやすい白を避ける、というマナーを聞いたことはありませんか?着物もドレスと同様、花嫁衣装と被らない色や柄のものを選ぶようにしましょう。不安な方は、新婦さんが当日に着る着物の色を確認して選ぶと安心です。

▼おめでたい柄の着物を選ぶとよりGood!

着物の柄は長寿や将来の発展の意味が込められているものもあります。お祝いの気持ちを柄に込めることで場に華やかさを添えながら着物を着ることができますよ!定番の花柄やおめでたい扇柄などが人気ですが、ゲストとして出席する際は花嫁衣装よりもシンプルなデザインの着物を選ぶようにしましょう。

▼親族として出席する場合のマナーや注意点を知ろう

親族として結婚式に出席するときは、結婚式の招待客ではなく主催者側として出席します。そのため、格の高い色留袖や黒留袖を着て参加するのがマナーです。着物は紋の数が多いほど格が高いため、紋がいくつかついているものを選びましょう。

▼友人として出席する場合のマナーや注意点を知ろう

友人として結婚式に出席する際は、親族や新郎新婦より華やかにならない色や柄の着物を選ぶようにしましょう。紋の数が少ないもの、もしくは紋のない着物を選ぶのがおすすめです。

結婚式で着ていける着物の種類は?

黒留袖を着ている女性

結婚式で着る着物を買うときは、着物選びのマナーだけではなく、失礼のない着物の種類や帯を知っておくと安心ですよね。ここからは、実際に結婚式で着ていける定番の着物の種類を紹介します。

▼黒留袖(くろとめそで)

黒地で裾に模様の入った着物を黒留袖といいます。黒留袖は既婚女性のみが着ることのできる第一礼装です。結婚式では新郎新婦の家族の方のみが着るのがマナーで、紋が五つ入っているのが特徴です 。

結婚式に着れる黒留袖はこちら

▼色留袖(いろとめそで)

黒以外の色で、裾に模様の入った着物を色留袖といいます。色留袖は未婚・既婚を問わず着ることのできる第二礼装です。結婚式では親族・友人を問わず着ることができるのが特徴です 。

結婚式に着れる色留袖はこちら

▼訪問着(ほうもんぎ)

胸・肩・袖・裾などに模様がつながる様に染められた訪問着は、結婚披露宴やパーティー・おでかけなどにも着用できる略礼装。デザインは華やかなものを選ぶのがおすすめですよ!

結婚式に着れる訪問着はこちら

▼振袖

振袖は未婚女性が着ることのできる第一礼装です。友人として結婚式に出席する際に着ることもできますが、振袖は花嫁衣装と被りやすいため、色や柄が派手なものは控えてください。裾の長さも長過ぎるものは控えて「中振袖」や「小振袖」を選ぶようにしましょう。中振袖の裾の長さは100cm前後、小振袖の裾の長さは76cm前後になります。

結婚式に着れる振袖はこちら

▼着物に合わせられるおすすめの帯は?

結婚式着物を着て出席する際は、帯をしっかり選ぶことが大切です。帯は袋帯を選ぶようにしましょう。結び方は二重太鼓結びが華やかでおすすめです。

結婚式に合う袋帯はこちら

結婚式で着て行く着物でおすすめの色や柄は?

結婚式で着る着物でおすすめの色や柄をおすすめ

結婚式で着る着物の色や柄を選ぶときも気をつけたいポイントがいくつかあります。それでは、おすすめの色や柄をチェックしてみましょう♪

▼色は親族や花嫁と被りづらい色を選ぼう

まず、着物の色は親族や花嫁衣装と被らない色を選ぶのがマナーです。新郎新婦の親以外の立場で参加をする場合は、黒留袖と間違えられやすい黒地の着物や、花嫁衣装によく使う赤や朱色などの派手な色は避けるようにしましょう。それでは、具体的にどのような色を選べば良いか紹介します。

・淡いピンク色

上品な色合いのピンクは華やかさがあり、柔らかい雰囲気になるため結婚式で着るのにおすすめです。日本人の肌になじむ色のため、着物を着慣れない方でもおしゃれに着こなすことができますよ♪

結婚式で着られるピンク色の着物はこちら

・明るめの水色やグレーもおすすめ

水色やグレーは幅広い年齢の方に似合う色なので、一着持っておくと年令を重ねても着こなすことができますよ!

結婚式で着られる水色の着物はこちら

結婚式で着られるグレーの着物はこちら

▼結婚式で着るのにおすすめの着物の柄は?

着物の柄にはそれぞれ意味があります。新郎新婦へのお祝いの気持ちや将来の発展の願いを着物の柄に込めることで、お祝いの気持ちがより強く伝わりますよ。

それでは、結婚式に着る着物でおすすめの柄を紹介します。以下の柄をあしらった控えめなデザインの着物もチェックしてみてくださいね!

・扇柄

扇の柄は末広がりの形から将来の発展や繁栄を願う意味が込められています。扇柄でも控えめなデザインの色留袖などを選べば花嫁衣装より華美にならずに着ることができますよ!

結婚式で着られる扇柄の着物はこちら

・鶴亀文様

鶴は千年、亀は万年という言葉の通り鶴や亀をあしらった鶴亀文様は、長寿を表しています。幸せが長く続く、という意味を込めて着ることもできるおめでたい柄です。

結婚式で着られる鶴柄着物はこちら

結婚式で着られる亀柄着物はこちら

・季節に合った花柄もおすすめ

結婚式を行う季節に合わせた花柄の着物を着るのもおしゃれですが、花柄に込められた意味も考えながら選ぶようにしましょう。例えば、桜の花柄は「桜が散る」という意味で縁起が悪いという考えもあります。着物に詳しい方が式場にいる場合に花の意味を気にする方もいるため、桜の柄の着物は避けるのがベターです 。

結婚式で着られる花柄着物はこちら

結婚式に着物着るときに気になる疑問点を解決しておこう!

結婚式に出席する際は着物だけではなくアクセサリーやネイル、ヘアスタイルも一緒に選ぶ必要があります。ここからは結婚式で着物を着るときに気になる疑問点について紹介します。

▼結婚式で着るのにおすすめの着物の柄は?

結婚式でドレスを着る場合、アクセサリーやネイルでより華やかにする方もいると思いますが、着物の場合は結婚指輪以外のアクセサリーを外して出席するのがマナーです。ピアスやネックレス、ブレスレットも外すようにしましょう。

ネイルはシンプルで上品なデザインものにしてください。花嫁の方もブライダルネイルをしている場合が多くありますが、花嫁の方よりも目立たない肌になじむピンクや白色などを基調としたネイルであれば安心です。

▼着物が似合うおすすめのヘアスタイルは?

結婚式で着物を着るときは洋服と同様、ヘアセットが必須になります。ショートヘアの場合は襟足をピンでまとめて髪飾りをつけるだけでも華やかに仕上がります。ミディアムヘアやロングヘアの方は、アップスタイルや編み込みをするのがおすすめです。着物の色に合わせた髪飾りをつけて、華やかに仕上げてください♪

▼バッグや履物はどんなものを合わせれば良いの?

結婚式でドレスを着る際、小ぶりのクラッチバッグなどに手荷物を入れて持ち歩くことがあると思います。着物の場合も、貴重品が入る小ぶりで華やかなバッグを合わせるようにしましょう。履物は白い足袋と上品な色合いの下駄を合わせてください。

結婚式向けの和装バッグはこちら

▼着物の紋の数はいくつがベスト?

着物の紋の数は、親族として結婚式に出席をするか、友人として結婚式に出席をするかで適した紋の数が変わります。親族として結婚式に出席する際は、紋の数が三つ(三つ紋)または五つ(五つ紋)の着物を選ぶのがおすすめです。

友人として結婚式出席する際は、親族の方よりも格が下の着物を着るのがおすすめです。そのため、五つ紋の着物は避けるようにしてください。紋がなくても問題ありませんが、紋がある着物を着る際は、一つ(一つ紋)または三つ(三つ紋)ついた着物を選ぶのがおすすめです。

▼夏の結婚式に着物を着ていきたくなったら?

夏に行う結婚式でも着物を着て出席したくなることがあると思います。暑い中着物を着るのは大変ですが、どうしても夏の結婚式で着物を着たいというときは、夏用の絽(ろ)の素材でできた着物を着るようにしましょう。色はすずし気な水色などがおすすめです。

式場もクーラーが入っていますが、暑さ対策が心配の方は半袖の長襦袢を着て襟元に保冷剤を入れておくと暑さ対策をすることができますよ!

こんな着物は避けよう!結婚式で着て行くのにタブーな着物は?

実際に結婚式で着る着物を選ぶときは、避けるべき種類の着物も知っておけばより安心して選ぶことができます。ここから紹介する着物は、結婚式で着るには不向きな比較的カジュアルな着物になります。実際に選ぶときの参考にしてください。

  • 小紋 (こもん)
  • 御召 (おめし)
  • 浴衣

小紋や御召はお茶会や同窓会、観劇などのちょっとしたお出かけにおすすめの着物のため結婚式で着て行くと軽装になってしまいます。浴衣は、昔から夏の普段着として着る着物のため、ドレスアップをして出席をする結婚式で着るのは控えましょう。

男性が結婚式に着て行ける着物は?

ここまで女性が結婚式で着ていける着物の種類や、着物に合わせるのにおすすめの髪型などを紹介していきました。女性だけではなく、男性も着物を着て結婚式に出席することができます。親族として出席する際は黒羽二重五つ紋付を、友人として出席する際は御召一つ紋を選びましょう。

いずれも袴を履き、羽織は必ず着用するようにしてください。夫婦やカップルで着物を着て結婚式に出席するととってもおしゃれなので、是非チャレンジしてみてくださいね!

結婚式に着物を着て行って大人のおしゃれを楽しもう

今回は結婚式に着て行く着物を選ぶときのポイントやおすすめの着物の種類などを一挙紹介しました。はじめはマナーに沿って着物を選ぶのが大変に感じると思いますが、記事を読みながら結婚式に着て行く着物を楽しく選んでみてください♪

バイセルオンラインでは結婚式でも着ることができる着物や小物を幅広く取り扱っています。初めての方でも買いやすい価格からで購入できるので是非チェックしてみてくださいね!

SNSでもご購読できます。